* * * BCD * * *

Be Colorful Days***日々日記。***
日々のたわごと。色恋ボヤキ。読書日記など。雑多な毎日を雑多な文章でお送りするゴミ日記。

***** コメント・カキコミ歓迎です *****
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
すっかりーん
すっかり日記サボってましたね・・・すみません・・・!!
週末カゼの養生にあて、治ったワ〜と週始めに飲み歩いてたら(最低)、案の定ぶり返してしまいました。自業自得の極み。で、ここ2〜3日再び寝て過ごして、だいたい治ったわ〜☆とか思いつつ。昨日。ふと気付いたんですけど。

もう、花粉飛んでませんか・・・?!

マジ・・・幼い頃アレルギー反応がヒトサマの100倍と言われた私(今は知らない)が言うんだから間違いないですよ・・・飛んでる・・・ヤツが飛んでる・・・つか、これ、カゼじゃなくて、実は花粉症だったんじゃないのワタシ・・・的な感じですよ。
花粉症の症状ってカゼと似ていますもの。そして熱ないもの、私、今・・・(どんより)
とボヤキながら本日テレビ見てたらですね。始まったんですよ花粉症の特集・・・。
やっぱ飛んでるんじゃん!!みたいな!!!!!!
しかも今年は、去年の30倍飛ぶんですって。これはアレか、氏ネ(※1)ってことですか・・・。いらいないよ、そんな憂鬱な宣告・・・マジでー
早い人は、そろそろ反応するんですって。

・・・ん?

ワタシじゃん・・・?

どおりで今日お布団ほしてから目鼻が痒いハズです。くしゃみ止まらないはずです。頭がボンヤリするはずです(※2)
この状態で、これから卒論やるのか私…って思うと憂鬱です・・・
てゆうか卒論もマジヤバいです。助けて誰か・・・!!

そんな感じで明日明後日は卒論&プチ断食でしゅ。もうどうにでもなれ・・・

人気blogランキング これから2週間、予定は全て「卒論」ですって・・・憂鬱・・・

※1
無意味に某巨大掲示板風表記。
※2
まあそれは常時ですけどな。
| 寝言 | 20:36 | comments(1) | trackbacks(0)
ヤバいよヤバいよー(出川調)
ヤバいです、マジのっぴきならない感じになってきました。卒論。
忘れようとすればするほど、頭の中からこびりついて離れてくれません。別れたい、あなたの顔なんて見たくないのに通ってしまうの・・・みたいな、気分は惚れたホストに貢ぐソープ嬢です。ちょっと違う。いや、全然違う。
そんな感じで、一瞬でも気を抜けば、中途半端な現実逃避を繰り返しているユヅコです、こんばんは。
ヨン様すごいですね。むしろヨン様に治療費払ってもらうために(だってお見舞いカードとか来そうだし・・・)わざわざ怪我するファンとか出るんじゃないか?と思ってしまうのは私だけでしょうか・・・ね・・・
そんな私は、週の頭に引いたカゼが未だ治らないせいで、卒論をやる元気はないのに、出歩く元気はあるという自己矛盾を起こし続けています。助けてくれないかな、特にドラえもん・・・。(※1)

おととい、美容師やってる友達に頼まれて、代官山なんてゆうハイカラな場所でカラーモデルやってきました。前回カラーしてから丁度2ヵ月くらいだったので、ちょうど良いタイミングでした・・・★
いつぞやの日記でボヤいてますが、前回ゴールドっぽくしたせいで見事ヤンキーっぽくなってたんで、おかえり正統派ワタシ、な感じです。(※2)秋冬はやっぱり暖色カラーが恋しくなるので、チェリーレッドにアッシュオレンジを混ぜ、トーンダウンをお願いしてみました★自分で言うのもナンですが、超かわいいことになってますョ髪色が。

ほんで今日は「卒論しなきゃストレス」(※3)発散のために、散在してきました。ザッツお買い物。しかも一人で。ロンリー★
どーでもいいですけど、この前「自分への誕生日プレゼント」という負け犬さながらのキャンペーンも実施してみました。・・・あぁもう・・・何て言うか、一人ぼっちで妙に楽しそうな所とか、かなり私かわいそうな人だと思います。ちなみに彼氏からの誕生日プレゼントは未だに届きません・・・しかも、自分用にと奮発してDiorのマフラー買ってみたけど、マフラー使わないじゃん、私、みたいな・・・ね・・・(撃沈)
というわけで、今日は思いつきで一人渋谷を徘徊してたのですが。
声を大にして聞きたいです。

どうして冬ってこんなにカワイイものがいっぱいあるんですか・・・?

と・・・!色々買ったけど全然買いたりません・・・。まあ、欲しかったもの7割はゲットできたんでいいんですが・・・(※4)でも、欲しくなかったものまで欲しくなってしまったのでプラマイ0、どころかマイナスです・・・。まぁいいか!!!

というわけで、気付きました。
お洋服を買う前に、ダイエットしましょう私。
そして、ダイエットする前に、卒論書きましょう私。

明日からは引きこもります・・・(洋服買いに行った意味ないね!!)

人気blogランキング もう何かよくわからない日記ですみません・・・

※1
大山のぶ代さん以外に考えられないんですけど、どうなんですか、そのへん。
※2
正統派な私って何だ。ヨゴレのくせに、私。
※3
書く前からストレス溜めてどうするつもりなんでしょうか。
※4
今日は、ボレロつきニット、ひらミニスカート、ベアワンピ、アンゴラ混白お嬢様コート(念願)をゲットしましたが、ニットはあと2種類くらい、スカート、パンツ、ブーツがまだ欲しいのです。。。誰か止めて物欲・・・
| 寝言 | 22:10 | comments(2) | trackbacks(1)
ひとりごと
決断をするということが、いかに辛いことであるかを知る。色んなことをリセットしてしまいたい。何をやったって、自分にはだめなのかもしれない。正しいことを言っているのが誰かわからない。辛いと叫んだって、それが私の選んだ道だから仕方ない。後悔はしていない。ただ泣くことくらいは許してほしい。吐き出すべきものがわからない。きっと場所を間違えている。責任の重さに押し潰されそうになる。




全部悪いのは私。


そこにしか答えが行きつかない。
もう、時間がない。
| 寝言 | 20:38 | - | -
ザッツバカの壁。
今週は、週の頭から、久々にきちんと活動しているせいで、今週は「そろそろ終わるだろー」と思っていたら、まだ木曜だったんですね・・・!時間の感覚が、もうアレな感じになってきたようです。このまま違う次元に行きたい感じ。嘘。それは嘘です。

なーんか、9日に、携帯からえらいテンションの日記がアップされていますが、アレです、私人生で初めて「絶縁宣言」らしきものをされてしまいました。今まで、人間関係は常に常温、ぬるま湯の中でぬくぬくやってきていたので、かなり「かいしんの一撃!」みたいな感じでしたね。
10月頭ごろからボヤいてる『「ある事」と「それにまつわる人間関係」』に関係している人からの絶縁宣言であり、その前から予兆は何度もあったので(※1)、予測の範囲内の出来事ではありました。
だから、今更そう言われても、別に悲しくないし、何とも思わない。
ただ、彼女たちが物事をロジカルに考える力を、あまりにも欠いていた事だけは悲しいなぁと思います。
よく、「女は感情でモノを言う」と評されます。世の中には、そうでない素敵な女性も沢山いらっしゃいますが、「火の無いところに煙は立たない」とでも言うか・・・、やはり感情で物事を捉える女子の数って多いなぁ、と思います。
8日の日記で書いた、同じゼミの女子の話と、このことが立て続けにあったので、私がそう考えてしまうだけかもしれませんが、この「見えている景色の違い」というのは、一体何なんだろう、と考えています。
で、行き当たるのが「論理的に物事を捉える力」の不足、ということなんですよね。例えばゼミの女子の話だと

「『対話』をテーマにやっていきたい」と提案 → テーマの漠然さから、みんなに批判される→ 泣く → 突然何も言わないで退出しようとする → 教授に呼びとめられる → 「帰ります!」と叫んで帰る

という行動をとるわけですが。まず、泣くという行動に出る時点で、彼女がテーマにしたいと言っている「対話」が成立していない。
しかも、卒論提出まで、残り一月。となると、冷静に考えるまでもなく、泣いているヒマなんて、ないわけで。しかも、3週間も時間があったのだから、十分に煮詰める時間はあった筈です。その間に何を言われても切り返せるような準備をする事は十分に可能だった。でも、それをしてこなかったのだから、批判されてもしょうがないわけだし、むしろ、周りの意見を冷静に聞くべきだったと、私は思ったわけです。まーそこまで論理的な考え方じゃないかもしれませんけど・・・これも・・・

で、それを酷くした感じの事が、今回起こり、私は二人ほど友人を失うに至ったのですが、私も向こうの気持ちや環境をできる限り斟酌したつもりでしたし、それでも「さようなら」と言われてしまったので、もう話ができないんですよね。
まーでも、そもそも話が通じていなかった。彼女たちも、私の言い分が理解できなかったでしょうし、私も、彼女の言っていることが未だに理解できない。
話をしようにも、論理と感情の対立になってしまうので、もう絶対に交わらない点が出てくるわけで。科学と宗教なみの対立構造になってくるわけです。
私にしてみれば、明らかに、彼女たちは別次元の問題まで、一緒くたにしてしまっていたので、その点については、本当は強くいいたかった。(※2)
・・・この話については、書きたいことが山ほどあるのですが、まだ何も終わっていないので、どうにも書きづらい感じです。

人は、その人の立場になることは絶対できない。考えることは出来ても、主観を拭うことは出来ないから、私の考え方のが、向こうにしてみれば傲慢なのかもしれない。
けど、私は、自分も関係したせいで犯罪の被害にあった友人に向かって、「あんたのせいで、私は自分の好きな人まで失いそうだ」とか「これ以上私を傷つけないで」「あなたを許さない」とは言わない。絶対に言わないし、微塵も思いつかない。そこで、友達関係を終わらせようっていう発想に至るのは、もうある種天才的な思考としか思えない。だって、関係ないことじゃない。
私なら、憎むべきは相手は間違えないし、一番傷ついているのが誰かも忘れない。
友人だと思って、彼女たちを頼りにしてしまってた私が、バカ。論理的思考を欠いていた、のかもしれませんね。
論理的に物事を考える力は、大切です。

人気blogランキング でもこういう所でしか、思った事がいえません(小心者)

※1
時々アップされてる精神系日記で、「予兆」を解っていただければと・・・!
※2
でも、言えませんでした。(かわいそう)
| 寝言 | 13:20 | comments(3) | trackbacks(0)
死んでも許さない
どんな結果になろうとも、死んでも許せない人がいます。
今日、人生で、初めて。本気で。心から。
人に対して、殺意に近い感情を覚えました。

真実は一つ、でも人の数だけ、その見方はある。
それでも、あいつは、逃げているだけだ。
自分が犯した過ちを、直視する勇気がないだけだ。

できるなら、気のすむまで、殴ってやりたいよ。
顔なんて、一生見たくないけれど。

あいつが、これからの人生、のうのうと生きるなんて私は絶対許さない。

あと20日、闘う。できる限り、闘う。
| 寝言 | 20:11 | comments(2) | trackbacks(0)
雨ですね。
雨ですね。私の心も雨模様。恋は水色。ユヅコです、こんにちは。

今日も朝から某所というか某署(・・・)から電話があり、急な呼び出しをくらい出かけていました。とっくに起きて卒論書いてたし、よかったのですが、2日とあけず朝駆けされても困ってしまいます。この機関には「アポをとる」という概念は無いのかな・・・。とはいえ、私のためにやってもらってることだから、辛くはないですが、うん。

リタ子さんの日記にインスパイア(笑)されたので、同じく社会派を気取って、イラク人質事件の話でも書いてみます。
とは言っても、超個人的なボヤキなので、大いに黙殺してください。

私は中東情勢に詳しくない。ニュースや新聞、本で知りうる一般的な知識程度しか持ち合わせてはいない。住んだことはおろか、旅行に出かけたこともないので、中東が抱える宗教その他の問題を、身近に、リアルに感じたことだってない。
アラビア語なんて1文字も読めないし、よっぽど必要にならない限り、この先だって勉強することはないと明言できる。
生活に必要な「石油」といった資源を輸入し、ムダ遣いし、そのおかげで生活を成り立たせているというのに、感謝どころか、正直、日本より劣った国、という目で見ている。

生まれてこの方、差し迫った「命の危機」に直面したことがないからこそ、テレビの向こうに映し出される世界が「実感」として感じることができない。想像の範囲を容易に越えていることくらいしか、わからない。
わからないけど、恐い、危険、お金がない、時間もない、それだったら他のことにお金を遣う、行く理由もない、必要もない、と感じているのが現在の私であり、そこに行く理由を見出したのが、彼−香田さんなのではないかと思う。
彼に死ぬ必要は無かった。繰り返し流されるVTRに映っているこの人が、今はもう(おそらく)この世の人でなくなっているのかと思うと、何とも言えない、喪失感すら覚える。
彼が死の直前まで感じた孤独や恐怖は、いかばかりだろうと思う。一人の人が、理不尽な死をもたらされた、ということは、本当に悲しいことだ。
けれども。
考えなくてはいけないことも、幾つかあるだろう。
そもそも、私は、バックパッカーという種類の人たちを、あまり理解できない。色んな種類の人がいるだろうから、一元的に言ってはいけないのかもしれないけれども、私の周りにもちらほらいるバックパッカーさんたちに共通して言えることを挙げてみると、

〜蹐犬謄廛薀ぅ匹高い。けどお金はかけない。
途上国&マイナー好き。メジャーナもの、一般的に「文化度が高い」とされていることほど「俗っぽい」と蔑視する傾向。
0貎佑鮃イ燹現地人と仲良くなる、ことがステータス。そしてそんな自分がかなり好き。
の垢暴个討い襪函∨榲の自分になれた気がする。もしくは、自分探し真っ最中。
ゼ分だけは大丈夫、むしろちょっと危険な目に遭った方が後々いい思い出。
Ε魯奪冖拭

 銑は、その人なりの信念なので、別に否定はしません。何故そこまで頑なにメジャーを拒むの?とは思いますが、それは趣味の問題ですからね。
い亡悗靴討・・・うーん・・・。マイナー志向が高いので、いわゆる「普通」の生活を嫌がる。つまり、日本で安穏と暮らす自分が好きではないのでしょうね。私なんかにしてみれば「普通」に生きるって、とても難しいことだと思うのですが。1度でも就職してから、そう言われるのであれば別に何もいいませんが、だいたい、親のスネを齧っている学生バックパッカーチャンほど、「大学でて、就職」という、いわゆる「お決まりコース」を拒否&バカにする傾向があるように思う。
私に言われたくないでしょうが、「この先どうすんの?一生親のスネ齧りつづけるの?」とちょっと心配したくなる。「日本にいる自分」も本当の自分なのに、それを受けとめられない、という点では、決定的に自立心が欠けているようにも思う。
「社会に出て働かなくては〜」と就活する人を、「普通の生き方だね」と笑う資格は寧ろ無いかもしれない。
でも、本人たちもきっと解っているんだろうね。だから余計に旅に出て、「自分もこうやって自立できるぞ」と確認するしかない。そういう意味では、麻薬に近い作用なのかもしれません。でも、どこにいても、何をしていても、それは常に「本当の自分」だと認める勇気も、時に必要だと思う。

とはいえ、私も・・・感情の動きに関しては、バックパッカー寄りの所が多少あると思う。勇気と度胸がなかっただけだ。
だから、周りのバックパッカーさんたちの意見も、否定ではなく「あぁ・・・若いなぁ・・・」とニコニコ眺めることが出来る。
けれども。
このイ琉媼院△垢覆錣繊危機管理能力に関しては、彼らは、もっと注意する必要があると思う。正直、今回のことも、やはり香田さんの危機管理能力が低かったからこそ、起こった出来事だろう。かわいそう。だけど、自業自得だ。
危ないということは、わかっているし、人質事件は何度も起こっているのだから、知らなかった、とは言えない。危険に関する認識力が、圧倒的に欠けている。
「普通」に考えたら危ない。でも「普通」を拒否する意識が強いからこそ、起こった出来事だ。

そして、彼がそこまでイラクに行こうとした理由。それは、本当にイラクの現状を見たかったからなのかもしれない。「リアル」を感じたかったのかもしれない。何かしたい、という正義感だったのかもしれない。

けれども、正直、「ハッパじゃないの?」と私は思いました。偏見ですけど。

イラクは合法的に大麻が栽培されており、値段も物凄く安いらしい。バックパッカー皆がハッパを好んでいるとは言わないが、それでも、多くの人にとって魅力的な場所だったのではないだろうか。だから、危険だと解っていながら目指したとしか、思えない。
以前3人の日本人が拘束された時、何となく政治的思想を感じたが、香田さんは明らかにその3人とは質が違う。彼の「すみませんでした、日本に帰りたい」という言葉は、心からの言葉だろう。こんなことになるとは思わなかった、という思いが感じられる。イラク入りを決めたきっかけは、本当に些細なことだったのだろう。
もしくは本当に。
イラクのために何かしたかったのかもしれない。
とはいえ、その場合でも、多くの疑問や、彼自身の甘さを感じずにはいられない。
人ひとりが出来ることなんて、所詮限られている。
それに、「今」「イラクで」という必要性が彼にあったとは、到底思えないからだ。
理由があるとすれば、バックパッカーだから、としか書きようがない。
少なくとも、「死んでもいい」という覚悟でイラク入りしたわけではないだろう。

…と、ここまで書いて、どうやら「人違い」ということが判明した模様。
少し安心したけれども、ついでにもうちょっと書きたいことを書いておこう。
香田さんが、存命であることを祈りつつ。
長いので以下に続きます。
| 寝言 | 23:18 | comments(0) | trackbacks(0)
思い立って。
そろそろ寒くなってきたことだし!ということで、帰って来てからずっと、衣替えをしてますが、全然おわらなーーい!!

今年は2年ぶりにファーブーム到来で嬉しい限り。
というわけで、2年前に買ったムートンが着られそうです。そして、短め丈がブームということで、4年前に買ったラビットファーのコートも着られるかもしれません。

・・・捨てなくてよかった・・・!

もしかしたら2度と着れないんじゃ・・・?と思っていただけに、嬉しい誤算。
去年は60年代風の黒のコートと、ダウン、定番ベージュのウールコートをメインで着倒してました。
今年は、白のファーコート(今年は二万くらいでかわいいのがありますね・・・★)と、ツイードのお嬢さん風コートが欲しいです。
ブーツとコートは毎年欲しくなってしまうのはしょうがないです。女子に生まれて良かった★

しかし、これ以上コート増やしたら収納スペースが危険・・・。また捨てるか寄付だなぁ・・・・

人気blogランキング 「私もコートとブーツは毎年買ってしまうんです」というアナタぜひ・・・!
| 寝言 | 15:38 | comments(0) | trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
BBS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK